もも、ひゃんブログ

2012年2月8日

美容整形での痩身

Filed under: ダイエット — タグ: , , — ブログ @ 9:35 PM

美容や健康と痩身の両立を、ダイエットに取り組む多くの女性が望んでいます。きれいな自分になるためには痩身が必要だと感じている人は少なくありません。痩身で期待するところは太ももやお腹周りですが、ダイエットでまず細くなるところはあばらや胸など細くしたくないところばかりです。バランスがいびつに感じるほど痩せて初めて、期待している場所が細くなることもあります。カロリー制限でのダイエットは肌の艶やハリを失ったり、プロポーションが崩れたりと、きれいな痩身とは至らない場合もあるようです。

美容整形での痩身施術は、効率的な痩身効果と美しい体を作ることが期待できます。美容整形での脂肪吸引であれば、直接的に痩せたい部分の脂肪を除去できます。ダイエットのようなリバウンドのリスクもありません。脂肪細胞は身体の成長に合わせて個数が決まるので、ダイエットでは数はそのままです。美容整形で脂肪細胞を減らすという痩身方法は、確実で即効性のある美容施術といえるでしょう。

脂肪を吸引するという方法は、多くの人が知るところです。痩身手術は脂肪吸引だけでなく、炭酸ガスによる脂肪燃焼を促進させる手術や、薬液による脂肪を体内で溶解させる手術などもあります。この頃は技術が飛躍的に進んでおり、身体に負荷がかかりにくい痩身手術による美容方法が確立されてきています。

2012年2月7日

中学生のダイエット

Filed under: 未分類 — ブログ @ 9:34 PM

ダイエットは、体型を気にする中学生もやっているそうです。この頃は、健康や美容のためにダイエットに関心を持つ人が多くなっています。いくつものダイエットが流行を作り、広告やテレビ番組でダイエットプランが広まっています。この頃は、成人した大人だけでなく、まだ中学校のうちからダイエットをする子もいます。

しかし、大人になってからのダイエットと違って、中学生や小学生のうちにダイエットをすると体を壊してしまいかねないため、やめるべきだと言われています。日本では、細く脂肪が少ない体つきの女性の方がより美しいという誤った価値観が広まっていることも、昨今のダイエットブームに関わっているようです。

他人の目から見た自分が俄然気になる、思春期のまっただ中にある中学生が、自身の体を気にすることは珍しくない話です。中学生の中でも特に女子生徒の場合は、自分では太っていると思っていても、実際は全然太っていないという事もよくあります。ダイエットに取り組む際には、自分の標準体重はそもそもいくつなのかをはっきりさせるようにしてみましょう。

標準の範囲内ながらダイエットをしては、体にいいことはありません。中学生から高校生の時期は、とにかく食欲が出るので、食事量をコントロールするのが難しい点もあります。中学生のダイエットは、間食を減らすようにするだけでも十分です。基礎代謝が高くエネルギー消費も盛んですから、大人のダイエットのようにカロリーを事細かく見ることもありません。

天気よくなりそう

Filed under: 日記 — momohyan @ 12:34 PM

あめやんだっぽいね

ももひゃんぶろぐだよ

Filed under: 日記 — momohyan @ 12:04 PM

ももひゃんは楽しく毎日過してますよ

ダイエットモニターのデメリット

Filed under: ダイエット — ブログ @ 11:10 AM

ダイエットモニターになる時の警戒すべきことは何でしょう。自分の写真や身体のデータが公開されることをデメリットに感じる人がいます。無料でダイエットをさせてもらえるというメリットはあります。しかしその反面、体の線がよくわかる水着などを着用した上で写真を撮影されるということもあるようです。

身長や体重を、ダイエット前も含めて人前にさらすことに抵抗を感じる人もいます。ダイエットモニターになったものの、初回は無料で受けることができても、2度目から最後までは有料であり、ダイエットをしなければいけないというマッサージ施術なども存在します。会社によっては、ダイエットモニターのデータは宣伝のためのツールでしかないこともあります。

契約も満足に済んでいないうちに、ダイエットモニターに商品を送りつける会社も存在します。ダイエット商品の説明をするので電話番号を折り返し連絡してくださいなどと言われることもあるそうです。そして、電話の中で商品を開けて中身を確認するよう言われます。

クーリングオフができないように製品の封を切らせて使わせておいて、目当てはダイエットモニターではないのでお金を払ってほしいという話にもっていきます。ダイエットモニターで損をしてしまったということのないよう、応募元の会社の内容や製品に関する下調べをあらかじめしておくことが大事です。

Powered by WordPress